仕事と育児の両立は無理なのか。会社員を辞めて個人事業主になろうと決めた日

仕事と育児の両立

世の中には仕事と育児の両立ができている方がいて心底尊敬します。何人ものお子さんを見ながら仕事をされている方、ママ経営者、在宅ではなく通勤している方、どんな育児も仕事も本当に大変で、苦労と努力をされているのだと思います。

私も傍から見たら、その1人だったのかもしれませんが、ついに、会社員を辞めようと決めました。

子どもの体調不良7日目。何かがプツンと切れた

我が家には可愛い可愛い1歳と2歳の息子がいます。普段は保育園に通っているのですが、先週、次男が下痢をしているということで早退。息子たちが通う保育園は兄弟のどちらかが早退すると、もう1人も早退。どちらかが休むともう1人もお休みです。

下痢か〜すぐ治るかな〜熱はないし元気だし。

呑気にそんなことを思っていたのですが、やがて、その下痢は、両親、そして長男に。

長男、発熱からの下痢。先週木曜に次男早退からはじまり、今日が木曜。7日目の朝に、長男の下痢を見て、何かがプツンと切れたのです。

緊張か、張り詰めていた何かか、それとも血管か。笑

あ、もうだめだ…

朝5時半。
育児と仕事の両立を諦めた瞬間でした。

これまでも、子どもの体調不良はよくあったのですが、私が頑張ることでなんとか乗り越えてきたものの、なんだかその日は呆然と立ち尽くすだけ。

山積みの仕事どうしよう…
体調不良の兄と元気な弟と今日何して過ごそう…
ご飯何しよう…
そもそも冷蔵庫に何かあったっけな…

その姿を見たパパも、さすがにと思ったのか午前中だけ時間を作ってくれました。

キャリアが絶たれる辛さと、これからは少しゆっくり家族と向き合えるかもしれないという安堵

仕事を辞める、正社員を辞めるということは、これまでのキャリアが絶たれる可能性があるということ。(そうとは限らない前提ですが、子持ち再就職は厳しいと聞きます)

キャリアというほど大したものではないけれど、かれこれ企画や編集の経験は12年。これまで正社員としてずっと頑張った。

編集長やチームリーダーにもなった。
立ち上げたメディアだって、私だけの力ではないけれど大きく成長した。
これからマネジメントも学んで…キャリアアップし、子育てが落ち着いたら管理職になんて夢もあった。

でも、仕方ない。

会社には私のかわりはいるけれど、子どもたちの母親は私しかいないのだ。

周りには頼れなかったのか

祖父母やファミリーサポート、ベビーシッター、病児保育など、頼ろうと思えば頼れたのか。

まず、祖父母は遠方ということで頼ることができませんでした。コロナ禍ということもありましたが、コロナじゃなくても難しかったでしょう。

ベビーシッターやファミリーサポートも登録していました。
しかし、やはり当日は無理。今日お願いしたいと思っても、お願いできる方がいませんでした。

病児保育。
資料はパパが手に入れてきましたが、結局登録まで進まず。や、そこまでパパしてよという気持ち。
私、マジで手一杯だから…
だが、登録したところで、兄弟2人をみてもらう空きはなかったかも。

ということで、周りに頼る…もなかなかハードル高かったです。

体力的にも限界だったか…家庭崩壊危機も

働き出して、土日もゆっくりすることがほとんどできない(なぜならパパは土日も半分しかいない=ワンオペな)、仕事終わって保育園迎えに行った後は公園でひと遊び。

看病も加わった日は疲労も倍増。今回の下痢も、トイトレ中の息子に付き合い、1日に何度もトイレ。その都度、消毒。そして私も下痢。笑
次男にまたうつさないようお風呂だって気を使います。(一緒の湯船にいれない)
謎に5時過ぎに起きるし…

看病が加わった日の様子は【ワンオペ育児】看病と育児と家事と仕事と。子どもの看病はママがするのが当たり前!?でもご紹介しています。

2人の子どもが寝た後、仕事するのだが、その頃にはママのHPはあと10もないぐらい。山積みタスクを見て、何度もゾッとしました。

そんなこんなで体力的に限界だったかも。もう36歳だし。26歳だったら違ったかな。頭痛もよくあるし、体調万全なんて日あったのか。

家庭も崩壊しかけてたかも。
忙しさと疲労で、すぐにイライラ。子どもにもパパにもきつくあたってしまう日が多かった。
そんな自分が嫌で夜な夜な涙。

人生ってこんなに辛いことばっかだっけと毎日思っていました。

もう、仕方ないのだ。

これはある意味チャンスかも!

とはいえ、完全に落ちているわけではないとお伝えします。笑

成功している人も、なんらかの事件や困難を乗り越えているはず。そんなうまくいくことばかりじゃないのだから。

もしかしたら、今、正社員を辞めるという選択をすることで、大きなチャンスになるかもしれない。
正社員の頃には思いもつかなかった事業をはじめるかもしれないし、またいい出会いがあって素敵な仕事に出会えるかもしれない。

個人事業主が正社員と比較して、稼ぎにくいというか、なかなか稼ぐのが大変だということも知っている。

しかし、もう今の私には頑張ることを諦める必要がある。
子どもが体調不良でお休み…なんてのもあと1年半ぐらいだろう。次男が3歳になれば体も強くなるはずだ!(違う悩みはあるでしょうが)

だからあと1年半は、仕事を一旦セーブすることを意識し、1年半後に花咲かせてやるぞ!という気持ち。

生きていれば、なんとかなる!

今はそんな気持ちです。

まずは、今までの自分、よく頑張りました!と自分で自分をほめてあげたいと思います。

▼関連記事

【ワンオペ】年子育児(二人育児)リアルなスケジュール!お風呂、ご飯はどうしてる

【保活のポイント】役所で聞くことは?保育園見学のチェックポイントと質問項目

幼稚園・認定こども園・保育園の違いは!かかる費用・教育に差はあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。